JMCA 日本メンタルコミュニケーター協会 - キャッチコピーなど
 
人は、みなその人であることがすばらしく喜ばしいこと。
一人ひとりの人が素晴らしく、存在する価値があり、また存在すること自体が奇跡的な事です。
 
一般的にカウンセリングは、心に大きな問題がある人が行くという、イメージがあるかもしれません。
例えば、
「カウンセリングを受ける人は病んでる人だ!」
「カウンセリングを受ける事は、ネガティブな事だ!」
「カウンセリングって話をきいてもらうだけでしょう?」
「こんな事を人に話をしても仕方がない!」
そう思われている方も多いと思います。

カウンセリングとは、ご本人が抱えている問題、悩み、困ったこと、達成したいことなどを会話を通してみつめ、整理し解決方法を見つけるためのカウンセラーと二人三脚で進めていく、いわゆる作戦会議の場です。
 
“風邪はひき始めが肝心”って言いますよね。“心の風邪”も同じこと・・・
そしてひいてしまった風邪は、大事にしてちゃんと治さないとひどくなってしまうかも。

カウンセラーは話を聞くプロです。価値観や先入観にとらわれず、お話を伺います。

そして、ともに問題解決を深め解決を目指していきます。
極力したりはしませんが、時にはアドバイスもします。
 
ただし、これはカウンセラーの価値観に基づいたものではなく対話をとおして、ご本人から感じたものを整理し、選択肢の一つとしてお伝えします。

心が疲れて、風邪をひいてしまう前に、ここで少し休養をとりませんか?

そして、あなたと一緒に同じスピードで進んだり、立ち止まったりしながら、いい解決策や結論を出すお手伝いをしたいと思っています。
 
かならず、そこから抜け出せるはずです。
無理をせず、自分のペースでお話してください。
必ず答えはご自分の心の中に隠れているのです。
心の中に自分自身を癒す力があります。
 
心が疲れているときは、ちょっとその力が迷子になっているだけなのです。

ご自分を信じてまず一歩を踏み出してみましょう。